hmb クレアチン bcaaはどう違う?

HMBサプリを買おうと思っている方、調べているとHMBとクレアチンとBCAAってどう違うのか疑問に思いませんか?

今現在売っているHMBサプリを見るとHMBだけでなく、クレアチンとBCAAも一緒に入っているのを多く見かけます。

しかし、それらの効果をしっかりと知っている方はそれほど多くないのではないでしょうか。

なので、今回はHMBとクレアチン、BCAAの効果の違いについてお伝えしていきます。

【関連記事】

⇒hmbとクレアチンの併用の効果

HMB、BCAA、クレアチンの効果を比較する

まずはHMBとBCAAとクレアチンを比べようにもその効果が分からなければ話になりません。

他の記事でHMBやクレアチンの効果を詳しく書いている記事があるので、コチラの記事では端的に効果の説明をお伝えしますね。

HMBの効果

まずは多くのHMBサプリの主成分であるHMB。

HMBとはアミノ酸の中でも身体の中で作る事ができない必須アミノ酸の1つであるロイシンから生まれる成分です。

ロイシンの中から更に代謝される成分なので、非常に摂取しにくい成分でHMB1gを摂ろうと思ったらロイシンが20gも必要になります。

筋肉の合成に非常に役立つゆえに「そんなに摂りにくいならサプリで直接取ればいいじゃん」という考えの元生まれたのがHMBサプリです。

どれだけHMBが摂りにくいのかというとこんな感じです。

プロテイン(たんぱく質)を摂った場合、上記の様に分解されながらHMBに到達するのでものすごく筋肉になるまでの道のりが長いんですよ。

これを見るといきなりHMBから摂っちゃえとなるのが分かりますね。

 

HMBの主な効果は以下の通り

  • 筋肉の分解を抑制する
  • 筋肉の合成を促進する
  • 筋肥大を促進する

 

この辺りはもっと詳しく書いた記事もあるのでそちらも読んでみてください。

⇒hmbサプリの効果 口コミまとめ

BCAAの効果

HMBと同じく必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンの3つが合わさった物をBCAAと呼びます。

「あれ?さっきHMBってロイシンの1部って言ってなかったけ?」

って思われるかもしれませんね。

 

そうなんです。

どちらも大元は同じアミノ酸なので、実は効果もよく似ています。

しかし、HMBはBCAAのごくごく一部を濃く抽出したようなもので、住所で例えるならこんな感じでしょうか。

 

HMB・・・新宿区歌舞伎町○丁目○番地

BCAA・・・新宿区

アミノ酸・・・東京都

たんぱく質・・・日本

 

まあ、より細かくなったものがHMBというイメージです。

BCAAはそれよりも大きく、幅広いので同じアミノ酸と言えども効果も多少違ってきます。

 

主な効果は以下の通り

  • 筋肉の同化、合成の促進
  • 筋肉の分解を抑制
  • 疲労の軽減

 

まあ、かなり似通っています。

クレアチンの効果

クレアチンもHMBやBCAAと同じくアミノ酸の一部ですが、こちらはアルギニン、グリシン、メチオニンの3つから合成されたものを言います。

 

主な効果は以下の通り

  • 運動パフォーマンスの向上
  • 疲労軽減
  • 除脂肪体重の増加

 

こちらもBCAAと似たような効果がありますが、クレアチンの大きな違いは脳や神経でも働く事。

クレアチンは一言で言えば車のガソリンの様な効果があるので筋肉で貯めておいて運動時にそれを使う事によって運動パフォーマンスを上げる事ができます。

更に脳や神経でも働いてくれるので脳が疲れを感じにくくしてくれる為、集中力が増したり、精神的な疲労が軽減させられるというのがBCAAやHMBとクレアチンの大きな違いですね。

HMBとBCAAの違いはどこ?

HMBとBCAAの2つは共にロイシンが大元になっているので効果も似ていますが、それでも違いはあります。

BCAAは長時間のトレーニング向き

BCAAには疲労の軽減や筋肉の分解抑制と言った働きもある為、長時間のトレーニングに有効だったりします。

疲労を感じにくくしてくれる為、マラソンなどでも使用している方がいるくらいで、普段BCAAを飲んでからマラソンをしていた方がたまたま1回だけBCAAを摂り忘れて走ったところ、いつもは完走しているのにその時は35キロの時点で足が痙攣してリタイアしてしまったそうです。

ちなみにマラソンの35キロというのはちょうど体内のグリコーゲンが尽きる所でマラソンランナーの間では最もキツイ地点だといわれています。

この事から長めのトレーニングをする時はあらかじめBCAAを摂取してトレーニングするというのが有効だといえますね。

HMBは短時間のトレーニング向き

一方、HMBは筋肥大効果や筋肉の合成促進と言ったいわゆる多くの方がイメージする筋トレと相性のいい成分です。

また、筋トレ時の筋肉の分解も抑制してくれるので消費を抑えてさらに筋肉を太くするという効果を見込めるのがHMBと言う訳です。

クレアチンによって運動パフォーマンスを上げる事も出来るので質の高いトレーニングをHMBによってさらに筋肉を太くするというイメージなのがHMBだと考えていただければと思います。

HMBとクレアチンとBCAAの違いまとめ

HMBは主に短時間の運動向きで筋肉を太くするために役立つ成分。

BCAAは長時間の運動向きで筋肉を太くするために役立つ成分。

クレアチンは短時間の運動向きで運動のパフォーマンスを上げる成分。

 

まとめますとこんな感じです。

つまり全てが入ったサプリを摂る事ができればどんなトレーニングでもスポーツであっても対応する事ができるという事ですね。

無酸素運動系の短距離走、幅跳びでもいいですし、有酸素系のマラソンでも役に立ちます。

もちろん、両方の要素を持つサッカーやバスケットで使用するのもアリですね。

なので、HMBサプリを買うならHMB、クレアチン、BCAAが入ったサプリを買うのがおすすめですよ。

HMBとBCAAはほとんどのサプリが入っているのですが、意外とクレアチンが配合されたのって少ないんですよね。

しかし、おすすめのサプリに関して、コチラの記事でお伝えしているので良かったら読んでみてください。

⇒hmb クレアチン配合サプリおすすめ