hmbの副作用 女性はホルモンのバランス大丈夫?

hmbの女性の副作用ってあるのでしょうか?

最近、使う人が多くなってきたHMBですが、男性のイメージが強いと思われがちですが、実は男性と女性の購入者の割合って同じくらいになってきているそうなんですね。

ビックリですよね。

しかし、理には適っていて、HMBを摂取して筋肉をある程度つけてあげれば痩せやすい身体になりますからね。

特にダイエットとか美容に気を使っている方は積極的に取り入れる方が多いみたいです。

ただ、そうは言っても男性のイメージが強いHMBサプリ。

 

「女性が使って大丈夫なの?」

「筋肉が付きすぎたりはしない?」

「副作用とか危険な事になったりしないの?」

 

という疑問を抱く方も多いでしょう。

なので、今回はそんな悩みを解消するための情報をお伝えします。

女性におすすめのHMBサプリであるDCC ディープチェンジクレアチンの公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ

⇒DCC ディープチェンジクレアチン公式サイトはコチラ

hmbは痩せやすい身体を作るのに便利

まず、なぜHMBが痩せやすい身体になる為に有効なのかというと、一言で言えば代謝しやすい身体を作る事ができるからです。

HMBは必須アミノ酸の1つであるロイシンが体の中で生成される成分で、主にたんぱく質を筋肉に変える作業を効率化してくれます。

その効果はすさまじく、ある研究によるとHMBを摂取している状態としていない状態では2.67倍も効果が違ってくるそうですす。

筋肉をつけると基礎代謝が上がる様に人間の身体はできているので筋肉をつける=痩せやすい身体を作るという事でもあります。

具体例を挙げると本来50回腹筋運動しなければならない所を20回で同じ効果を得られる様な身体にする事ができるという事です。

少ない運動でたくさん運動をした時と同じような効果が期待できればこれほど嬉しい事はないですよね。

【関連記事】

⇒hmb 副作用で被害告発って何?

hmbの女性への副作用は?

では、いくら効果が高いとはいえ女性への副作用はないのでしょうか?

そもそもの大前提なのですが、HMBサプリというのは健康補助食品になりますので、薬ではありません。

なので、アレルギーとか過剰摂取とかをしない限り副作用の心配はありません。

あえて女性の方が気になる成分があるとするとトンカットアリですかね。

入っていないサプリもありますが、たまに筋肉を作るのに欠かせない成分であるトンカットアリが入っている事があります。

トンカットアリは男性ホルモンの一種のテストステロンの分泌を促す効果があるので心配する方がいるみたいです。

しかし、これに関しても心配はありませんね。

理由として男女の身体の作りの違いがあります。

男性に比べて女性の身体の方が筋肉は付きにくい様にできています。(逆に脂肪は付きやすい様にできています。)

その為、多少トンカットアリを取ったからと言って男性ホルモンが大量に分泌されて男性化するなんて事はよほどの大量摂取でもしない限りないでしょう。

なので、むしろ多少トンカットアリを摂取して、テストステロンを増やす事で筋肉をつけて体脂肪を燃焼しやすい身体にする事の方がダイエットには効果的だと言えますよ。

なので、HMBサプリを利用する方はご自身のアレルギーと過剰摂取には気を付けてくださいね。

【関連記事】

⇒hmbの副作用でハゲる?

女性の為のHMBサプリはコレ

女性がHMBサプリを使う目的というのはダイエットが目的という方がほとんどです。

なので、最近はメーカー側も女性のためのHMBサプリというのを開発しているんですよね。

それがこのDCC ディープチェンジクレアチンですね。

DCC ディープチェンジクレアチンは筋肉を作るに欠かせないクレアチン・HMB・BCAAの3つをバランスよく配合したサプリです。

また、多くのHMBサプリが筋肉を大きくしたり疲労回復の効果をメインにしている所、DCC ディープチェンジクレアチンは236種の酵素成分を含むなど、栄養面に関しても配慮をしています。

どうせ痩せるならキレイに痩せなくては意味がありませんからHMBサプリを買うならDCC ディープチェンジクレアチンがおすすめですよ。

ちなみにメガ得コースなら11200円の初回分が実質無料となっており、体に合わなかったら全額返金保証もついています。

ただし、毎月300名限定になっています。

300人なんてあっという間に埋まってしまいますから早めに申し込んだ方が良いですよ。