hmb クレアチン プロテインの効率いい併用方法

hmb、クレアチン、プロテインと筋トレサプリは多数ありますが、これらを併用しようとしている方は多いのではないでしょうか?

今や筋トレサプリは昔と違ってhmbやらクレアチンやら色々あるので、どれを選べばいいのか悩むことも多いですよね。

もちろん、HMBサプリをプロテインと併用しようとしている方も多いでしょう。

しかし、どうやったら一番HMB、クレアチン、プロテインの併用が効率良くなるのでしょうか?

気になったので、調べてみました。

hmbとクレアチン、プロテインの関係性

まずはHMBとクレアチン、プロテインの関係性から調べていきます。

 

そもそもなのですが、HMBってプロテインが分解されたアミノ酸の一部であり、分解、代謝を繰り返した後に生まれる成分なんですよ。

つまり元々が同じ成分であるという事です。

 

こちらの表を見て下さい。

こんな感じで分解されていきます。

元が一緒であるので、一緒に飲んだとしても何か副作用だったり、問題があるわけではありません。

しかし、効果は多少違ってくるので、併用する事でお互いの効果を高める働きはあります。

 

また、クレアチンに関してはHMBとの相性が非常に良く、研究の成果によってHMBとクレアチンを一緒に摂る事で効果が高まる事が分かっています。

と、いうのも効果がこんな感じだからです。

明らかにクレアチン+HMBだけが違いますよね。

 

HMBとクレアチンの効果を端的に説明するとこんな感じです。

 

HMB・・・筋肉を作る力の向上

クレアチン・・・運動パフォーマンスの向上させるためのエネルギー

 

HMBとクレアチンを摂る事でトレーニングに必要なエネルギーを素早く作ってくれます。

その為、いつもよりハードなトレーニングができるようになり、HMBでさらに筋肉を作る効果を高める事ができるので、効率的に筋肉が付けられるんですね。

 

しかし、筋肉を作るには材料が必要になります。

その材料になるのがプロテイン(たんぱく質)です。

プロテインがたんぱく質からできているのはご存知の通り。

たんぱく質は筋肉の材料になるので、コレがないと筋肉は作れません。

プロテインを飲まなくても食事で補えればいいですが、効率の面を考えたらプロテインを使った方が良いですね。

 

まとめますとこんな感じです。

 

HMB・・・筋肉を作るための力

クレアチン・・・運動能力を上げる力

プロテイン・・・筋肉の材料

HMB、クレアチン、プロテインの摂取タイミングは?

私がおすすめするHMB、クレアチン、プロテインの摂取タイミングはこんな感じです。

 

HMB・・・トレーニング前、最中、後、食後

クレアチン・・・トレーニング後、食後

プロテイン・・・トレーニング後

 

HMBはトレーニング前や後、食後とトレーニングに関係する時間であれば問題はありませんが、クレアチンとプロテインに関してはトレーニング後が最も良いですね。

トレーニングの直後というのはゴールデンタイムと呼ばれる程栄養の吸収率が良いので、ご存知の方も多いと思います。

また、HMBがクレアチンと併用する事で効果がアップするという事なので、まとめてトレーニング後に摂取するというのを私はおすすめしますね。

効率の面においても優れているだけでなく、私の様につい、飲むのを忘れてしまう場合もありますし(笑)

もちろん、回数を分けておすすめの時間全てで摂るというのもアリですよ。